CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
World Time
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


大阪市中央区の行政書士 積 博行 のブログ
仕事や日常のことを気楽に書いています
<< 子供の在留資格 3 | TOP | 外国人労働者の受け入れ緩和(2) >>
外国人労働者の受け入れ緩和
外国人労働者、入国緩和 建設人材不足 「単純」解禁も浮上 2013.12.31 13:07

昨年末の新聞記事において、以下のような報道がなされていました。

>政府は外国人労働者の受け入れを大幅に規制緩和する方針を固めた。
>技能労働者の入国要件を緩和するほか、現在認めていない特定の専門・技術分野を持たない単純労働者の入国も
>条件付きで可能とする方向。
>東京五輪の開催に向けた準備、国内の建設現場での人材不足を解消することなどをねらいとしている。
>関係各省庁で詳細を詰め、本年3月末までに結論を出す。
>ただ、外国人より女性やシニア層の活用が優先などの意見もあり、外国人労働者の受け入れ緩和の制度設計については
>慎重に検討を進める方針だ。
 
現状の在留資格には日系人について許可される(定住者)があります。
この在留資格が新設された時も、国内での人材不足の解消が狙いであったと記憶しています。
この在留資格があれば、どんな職種にも従事できます。
また、平成21年7月15日に入管法が改正されました。その改正の目的の一つには、研修・技能実習制度の見直しにより、
当時の研修制度の問題解消がありました。
入管行政や入管法、外国人労働者の受け入れ、日本への移民の受け入れなどの方向性は二転三転しているようにも感じます。
現状への即応と言えば聞こえが良いですが、悪く言えば場当たり的とも言えそうです。いずれにしても、一国民としても目が離せません。

 
posted by office-seki | 18:53 | 入管・ビザ関連 | - | - |