CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
World Time
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


大阪市中央区の行政書士 積 博行 のブログ
仕事や日常のことを気楽に書いています
<< 大学卒業後、専門学校へ入学し在留資格の更新申請が不許可 | TOP | 在留資格・留学から就労への変更申請について3 >>
在留資格・留学から就労への変更申請について2
来年4月に卒業予定の留学生は、就職先が決まっていれば「卒業予定証明書」に基づいて就労のための在留資格に変更申請することができます。
 又、卒業した後も就職活動を続けたい場合、「留学」の在留期限が残っていても
在留資格を「短期滞在」に変更しなければなりません。
まず最初に在留期間3ヶ月の許可が下ります。そして必要があれば、さらに3ヶ月の更新が認められます。
 ただし、注意しなければならないのは、最初の3ヶ月の間に就職先が決まり、
就労の在留資格に変更申請し、それが不許可になった場合は、新たに就職先が決まっても再度の変更申請が認められないことです。
その場合は、在留資格認定証明書交付申請によらなければなりません。

従って将来の「永住」への申請などを考えると、1度目の申請で許可を得る事が
重要です
posted by office-seki | 23:29 | 入管・ビザ関連 | - | - |